アメリカのトイレはやっぱり違う

アメリカに入国して、一番先日本との違いに気付くことって、皆さんはありますか?
わたしは、空港のトイレです。

空港に限らず、ショッピングモール、ホテル、駅、学校、病院、どこのトイレに行っても、海外のトイレって印象をうけます?そんな感じしませんか?

大きな違いは、トイレの個室のドアの高さではないでしょうか。
ドアの下の部分が大きく開口しています。人が中にいるかどうか、すぐに分かるように設計されているそうです。
理由は防犯のようです。

学校なんかは、下だけでなく、上も大きく開いていますので、人の顔が隠れる程度の小さなドアです。これもどうかと思いますが。。

アメリカにウォシュレットがない理由

トイレットペーパホルダーもバームクーヘンのような大きい形状のものが主流かと思います。
また、ウォッシュレットもアメリカにはありませんし、用を足すときの音消しミュージックもありません。

ある調査によると、アメリカでウォシュレットが浸透しない理由として、他人との共有に抵抗があるようです。
基本的にアメリカの家では、共有するトイレやバスはありません。
それぞれ、プライベートなトイレとバスを所有し、夫婦専用や子供専用として分離しています。
プライベートを重んじる文化からの影響でしょう。

レオナルド・デカプリオのトイレにまつわる逸話

しかし、アメリカ人が日本に来たときに、ウォシュレットに感動する人は多いもの事実。
以前、レオナルド・デカプリオが来日したときに、日本のウォシュレットに感銘をうけ、TOTO(日本のトイレメーカー)の便器を担いで帰ったそうです。

でも、ハイテク国家のアメリカにウォシュレットがないのは、不思議ですね。
ちなみに日本のホテルでのウォシュレット浸透率はほぼ100%。
家庭でも半数世帯を超えているようですから、ウォシュレットは今や日本を代表するものでしょう。

他にも日本とアメリカのトイレには大きな違いがあります

あと、大きな違いとして、手を洗うパウダーコーナー。
アメリカ人は、ハンカチは持ち歩きませんので、ハンドドライヤーや手を拭くためのペーパーが完備されています。
ホテルやカジノなどの場所には、たまにメイドさんが入り口に立っていて、チップを渡すようになっていますので、あわてず小銭を用意しておきましょう。

アメリカの学校のトイレは、皆さんは利用することはあまりないでしょうが、アメリカの学校のトイレには、鏡が着いていないところが結構あります。
これは、割って凶器にならないようにするための、防犯からの理由のようです。
このように欧米の文化と日本の文化では、トイレ一つをとっても違いが鮮明です。

あわせて読みたい