職業観の違いを比べてみます

毎年、日本の生命保険会社の調査から、日本の子供のあこがれる職業ランキングというものが発表されます。
ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

男の子と女の子では、もちろん興味も違いますので、結果も大きく異なってきます。
まず日本の男の子に絶大な支持をうけている職業は、野球選手のこと。
2番目が、サッカー選手。次に学者と続きます。

この順序は長年同じといいますから、面白い傾向です。
一方、日本の女の子があこがれる1番の職業は、食べ物屋さん。2番目が、保母さん。そして看護師さんというランキングです。

こうみてみると男の子がスポーツに偏る傾向で、あまり現実的ではない結果です。
もちろん、夢を実現できることはすばらしいことですが。反面、女の子の方が現実的な回答結果のような気がします。 これは、男女の大きな違いになるのでしょう。

この結果は、あくまでも日本における子供の傾向、また日本における子供の性別による傾向です。
子供の考えや感情は非常に柔軟ですが、国や環境、そして文化、教育など様々な要因で変わるものです。
それが分かるのは、以下に紹介する世界の子供たちに人気のある職業結果報告です。

子供に人気の世界の職業ランキング

その前に今から紹介する人気の仕事については、世界的にも共通して人気の高い、例えば「お医者さん」「弁護士さん」「パイロット」を外して紹介したいと思います。

それでは、ユニークな点から。
ドイツでは、歴史的由緒ある職業ということで、トンネルの清掃屋さん。
日本で言うところの、歴史的文化財の保護にあたるのでしょうか。

イタリアでは、トリュフ狩り、ゴンドラ職人、また生ハム作りというのも人気があるようです。
ヨーロッパでは、歴史に深く結びついた職業が取り上げられるようです。

一方のアジアではどうでしょうか。
お隣韓国では、公務員。中国からは、科学者や大学教授、エンジニアといたように、大人にも人気のある結果になっているようです。

このことから、単純に国だけではなく、地域性や経済性という観点からも子供の描く将来像というのが異なってくるのでしょう。

アメリカの子供たちが憧れる職業は?

では、お待ちかねのアメリカではどのような職業が、子供たちに人気なのでしょうか?

なんと、「消防士さん」。
アメリカでは「ファイヤーファイター」という名で、親しみ溢れています。
ファイヤーファイターは他の職業とは一目置かれる存在で、正義感溢れた立派な職業で、子供たちや女性達からも絶大な支持を受けています。
体つきも筋肉質のマッチョな体系から女性にも好感をもらっているようです。

ファイヤーファイターを取り上げた映画も数多く製作・放映されました。
また、同時多発テロの時には、ワールドトレードセンターの被害者を救出する勇敢な行動が、世界中へ伝えられました。
最近では、人気熱が更に高まり、ファイヤーファイターカレンダーなるものが作成され、世間を騒がせています。
わたしもそのカレンダーを拝見しましたが、マッチョなファイヤーファイターが毎月分撮影されているものです。
このカレンダーは子供に人気かどうかは不明ですが、女性購入者は圧倒的に多いようです。

本当に子供の夢は無限で、可能性も図り知りませんね。

アメリカの大学生に人気の職業

あわせて読みたい

レコメンド

子育ての悩み
「子育て お悩み相談室」は、子育てや子供の教育・しつけなどに関する悩みについて、どのように対処すればいいのかまとめたサイトです。

タイ語
最近は旅行の人気スポットとしても人気のあるタイですが、料理やスポーツなので日本でもその文化に触れることが多くなっています。

バックパッカー
人に対して言えば、やはり私はバックパッカーというスタイルの旅人であったわけだけど、自分自身はバックパッカーだなんて思っていたわけではない。