日本の大学とアメリカの大学の違い

最近では日本でも留学する学生さんが増えています。
いまやグローバル社会ですので、教育に国境はもはや必要ないのでしょう。

私もアメリカで教育をうけた、いわゆる留学生組です。両親に感謝しなければなりません。
私の両親に限らず、子供にそして教育に投資をする親は、万国共通です。
せっかく与えられた機会ですので、子供としても精一杯勉学に励まないといけません。

先日、テレビのドキュメンタリー番組で、日本の加熱する教育事情というのを観て思ったことがありますが、最近の親御さんの傾向は、一流中学、有名高校、有望大学に子供を入学させることに目標を置きすぎている印象をうけました。

この厳しい経済情勢の中、生活費を削ってまで子供を進学させるのに精進していますが、それが全てのように私には見えました。 つまり、入学がゴールになっているのです。

でも一番大事なのは、教育機関で何を感じ、何を学ぶのかではないでしょうか。
近頃の大学生ときたら、学校はそっちのけで、サークルに遊びにファッションに明け暮れているように思えます。
せっかく努力して勉強して進学したとしても、進学先で将来の基礎作りができないのであれば、もったいないと言わざるを得ません。

卒業の方が難しいアメリカの大学

一方のアメリカの学校事情は日本と異なり、入学より卒業に力を注いでいます。
つまり、入学の難易度は日本ほどでもありませんが、卒業の難しさといったら、日本とは比べものになりません。
ですから、学生は必死に勉強をして、良い成績をとり、将来有望な企業へと進んでいくのです。

教育の内容も企業に入社してからすぐに即戦力となる技術を学習することができますので、一般的に日本の会社で執り行われる新人研修や先ずは一般職から、といった新人教育などはアメリカの企業にはありません。
実にうまく大学と企業が結びついて、良い関係を成り立たせているのです。

また大学のカリキュラムも非常に合理的、且つフレキシブルに考えられています。
例えば、夏休みは最大で4ヶ月もありますが、その間大学の授業は開催されており、希望する学生は単位を取得することも可能です。

卒業後も即戦力で働けるインターシップ制度

また、まだ日本ではあまり浸透していませんがインターンシップ制度というのが、アメリカにはあり、実際の企業で短期間働くことができます。 もちろん単位として加算することができます。 そういったか活動を入社面接の時に、企業側は入社判断基準として学生のポテンシャルややる気というのを見極めてきます。

せっかく子供に投資をするのであれば、単純に学校の知名度だけでなく、どういう学校方針なのか、どういうカリキュラムが充実しているのかを知っておきたいものです。

日本の大学を全面的に否定しているのではありません。
最近では、アメリカのような大学が日本でも増えてきていると聞きます。
学生に自主的に学ばせられる環境を設けたり、また教育プログラムも非常にユニークなものが溢れています。
ただ、入学制限を現状のように厳しく設定している限り、やはり狭き門になり、教育ブームに一層の火がつくことになってしまうでしょう。

あわせて読みたい

レコメンド

不景気の時代に就職を成功させる11の法則
不景気の時代にでもどうすれば就職できるのか。面接時の注意点や情報の集め方について解説。たった11の項目をマスターするだけで就職に強い学生になれます。

子育て 悩み
母親なら誰でも一度は感じる子育ての悩み。しつけの方法や親どうしの付き合い方はどのようにするのが一番良いのか。私立の学校に通わせるべき?子育てに関する様々な悩み相談をていねいに回答します。